メインイメージ

事業計画書を作成する事で、成功への道をつくります。

事業計画書とは、あなたの夢を実現するための具体的な行動を示す計画書です。
あなたの創造したイメージを具体的にまとめることによって、成功する確率を高めます。

事業計画書の内容で必要なのは、下記の物が取り上げられます。

・事業内容・・・・・・商品・サービス、業種・業態、目的・理念、顧客ターゲット
・市場環境・・・・・・市場規模、市場の成長性、市場の特徴、競合状況
・競合優位性・・・・・品質・性能面、コスト面、立地条件、特許・契約面
・市場アクセス・・・・価格戦略、流通・販売戦略
・経営プラン・・・・・仕入・生産計画、人員・組織計画、成長・拡大計画
・リスクと解決策・・・想定されるリスク、対処方法

以上の項目をバランスよく考え、事業目標と戦略を立案します。

経営計画の必要性

経営者の皆様、実際に下記のような事を疑問に感じたことはありませんか?

・会社が儲かっている(黒字)と思ったのに、実は赤字だった
・会社は順調なのだが、資金繰りがうまくいかなくなった
・商品は売れているんだけど、赤字が増えていく

営計画策定のためのポイント

経営計画を立てるためには、下記のようなポイントを考えていく必要があります。

・経営ビジョン・経営方針を明確に作っていくこと
・今、この会社に欠けている事は何かを考える
・何年後に、どれだけの収益をあげるかの数値目標を立てること

具体的な経営計画を作成するか否かで、将来の会社経営に大きく影響してきます。
ご不安に感じていらっしゃる事業主様、ぜひ、ご相談ください。

山本修税理士事務所|山口県岩国市の税理士事務所です。経営者から個人まで、税務の事ならお気軽にご相談下さい。
Copyright© 2012 Yamamoto Osamu Accounting Office All Rights Reserved.